2014/03/25

2014/3/17 滝行の巻。

こんにちは☆ POPYだよ!

(今回はコルクコースター姿にて登場♪)

コルクコースターポピー

 

ドリーム・アーツでは先日(3/17)、チームの一体感を高めるために営業メンバーを中心に

「高尾山 琵琶滝」にて滝行を実施しました。

 

今回はその時の様子についてお伝えします…!

(「修行」といういことで、POPYも厳かな雰囲気にてお伝えしていきたいと思います。)

集合写真

高尾山、登山前の集合写真。

今回はこのメンバーにて滝行へ…!

 

目的の滝までは、山を登って向かいます。

(この日、東京は春めいて比較的暖かい日でしたが高尾山ではまだ雪が残っていました。)

登山入口②

登山道②

上り坂

到着①

登り終えると、左奥に滝が見えてきました。

 

いよいよ滝行へ…!

メンバー一同滝行を行う為の行衣へ、着替えます。

行衣着替え

滝入口②

※神聖な場所のため残念ながら修行中の撮影はNGとのこと。

 

滝看板

ヤスさん打たれた後

石井さん?打たれたあと

(滝行直後、お不動様にお祈りをしている時の様子。)

 

当日は3月中旬ということもあり、全国的には比較的暖かい日でしたが

今回の修行でメンバーを待ち受けていた滝の水は

なんと…山の「雪解け水」。

 

水に足を踏み入れた途端に感覚が無くなり、

水の冷たさと想像以上の水圧にて声を張り上げないと意識が飛びそうになる程です。

 

恐らくメンバー全員が想定していたよりも遙かに厳しく、また真剣な修行となりましたが、

参加者全員が怪我や病気することもなく、また途中離脱もなく、無事に滝行を終了。

 

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

<<  参加メンバーの感想 >>

喉が枯れるまで叫び続けたのは、ここ数年記憶にありません。

「気合を入れる」とはこういうことなのだと、新鮮な体験でした。

————————————————————————-

滝行は非常に良い経験となりました。

水が冷たすぎて四肢の感覚がなくなっていくほどつらいものでした。

が、感情や精神を集中しながら意識を振り切らせる感覚は

少し癖になりそうでした。

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

 

初めての体験を参加者全員で経験したことは

個人だけでなく、「営業」として、ドリーム・アーツのチームとして「一体感」を共有することへ

つながる良い機会となりました!

 

この貴重な経験を糧として、ドリーム・アーツでは引き続き

今年度の目標達成に向けて一致団結して戦い抜いていきたいと思います!

 

 

———————————————————————————————-

【 POPYより最後にもう一つお知らせです☆ 】

図1

 

ドリーム・アーツのクラウドサービスShopらん®が

日経BP社「第8回クラウドランキング」でベストサービスに連続選出されました!(^^)!

「Shopらん」ってどんなサービス?と思った方。

弊社HPにてご案内しておりますので、是非ご覧ください♪

http://www.dreamarts.co.jp/solution/

————————————————————————————–

以上、花粉と格闘中のPOPYからでした♪