2017/12/13

「顔認識技術をビジネスに応用する 機械学習勉強会」開催レポート【後編】

CTサービスグループ所属の筋肉エンジニアです。
2017/10/28(土)に、「顔認識技術をビジネスに応用する」というタイトルで勉強会を開催しました。
前回紹介したハンズオンに続き、この後編ではアイデアソン、そしてLTの様子をお届けします。

 

AI×ビジネスチャット アイデアソン

ハンズオンが終わり、今度は「AI×ビジネスチャット」のアイデアソン。
参加者を2つのチームに分けて、それぞれのチームにサポート役としてドリーム・アーツ(DA)社員も加わりました。
DA社員のオジサンたちはともかく、参加者同士も初対面の方が多いため、緊張をほぐすために乾杯からスタート。

Cheers!

テーマは、「AIとビジネスチャットを組み合わせて、業務や職場のちょっとした困りごとを解決する」としました。

とはいえ、参加者はまだ学生の身。
業務経験のない方がほとんどだと思い、ある企業で働くアルバイトさんのペルソナや、仕事・職場の問題マップを用意。さらにサポート役のDA社員から生の声をヒアリングしてもらい、業務で発生しそうな困りごとを想像して貰いながら進行していきました。

ディスカッション中 缶ビールにエナジードリンク…

 

発表

各チームの発表には以下の項目を盛り込んでもらいました。

  • どの課題にフォーカスしたか
  • その課題解決のために、どのようなアイディアが出たか(有望なアイディアの概要を2つ、3つ紹介する)
  • その中でどの解決案を選んだか
  • その解決案は名付けて? 例「筋肉AI」
  • それによってどのような効果が期待できるか

そして、各チームの発表内容はこちら。

AI名:猫の手〜コーディネートはこーでねぇーと〜

猫の手
課題
  • 商品の値札付け替えが手間
解決方法
  • 顧客に商品に付けたICタグをアプリで読み込ませ、値段を確認→価格変更の反映を自動化できる
  • 顧客が欲しい商品情報を元に、売場までのルートをAIが検索・着こなしをレコメンド
効果
  • 人手不足の解消

 

AI名:手際輪(てぎわ)

手際輪
課題
  • ノウハウ共有が上手くできていない
解決方法
  • チャット上で業務の腕前コンテストを開催→AIが1位の人の理想像を抽出→不慣れな人に見せる→理想像との対比(このサイクルを回すことで、スタッフ評価を自動化)
効果
  • 指導コストの軽減・つまづきポイントの可視化・業務効率の向上・モチベーションの向上

 

アイデアソンを終えてみて

どちらのチームも、2時間というかなり限られた時間の中でアイデアを膨らませつつ、無事発表までたどり着きました。流石です!

緊張をほぐすために入れた最初の乾杯のおかげか、チーム内での会話も終始盛り上がり、時間通りに進めようとするファシリテーション役も大変でしたw

Hololensで遊ぶCTO
皆がアイデア出しをしている最中、Hololensで遊ぶCTO

懇親会

Cheers!2

ハンズオン&アイデアソンお疲れ様でした!ということで、もう一度乾杯。

LT大会!

アルコールが回って楽しくなってきたところで、1人5分のLT大会。

LT1 LT2 LT3

  • 内容
    1. 「『10分で生産的なミーティングを』minmeetingの取り組み紹介」
    2. 「課外活動で得た成果について」参加者のAさん
    3. 「Appleのココが嫌い」(…をMacbookで発表)石田CTO
    4. 「PFCバランスの重要性」筋肉エンジニア

※PFCバランス:Protein(たんぱく質)、Fat(脂質)、Carbohydrate(炭水化物)の摂取バランスのこと。

当初はDA社員だけでLTする予定でしたが、今回参加してくれた学生さんからも募ってみたところ、急遽AさんにもLTをやっていただけることに…!

LT4

LTは初挑戦というAさん。課外活動のWebサイト作成で得た経験を話していただきました。

一部の人だけバイセップス

最後に全員で記念写真撮影。

 

最後に

ちなみに、私は機械学習を専門にやっているエンジニアというわけではありません。
普段は、サービスの運用保守とiOSアプリの開発担当です。
しかし、こんな私でも顔認識モデルをTensorFlowで実装できてしまったので、機械学習の敷居は相当低くなっていると思います。
プログラミングさえできれば、Azure Face APIを呼び出すだけで顔認識を利用したアプリができてしまいます。

機械学習に興味はあるけど、なんとなく手が出しづらいと思っている方。
まずはチュートリアルから試してみてはいかがでしょうか。

弊社では、今後もこういった勉強会を企画・開催していく予定です。
随時、WantedlyConnpassなどで告知していきますので、宜しくお願いいたします。


5 thoughts on “「顔認識技術をビジネスに応用する 機械学習勉強会」開催レポート【後編】

    http://cialisle.com

    (2018/12/10 - 5:11 AM)

    meilleur cialis ou viagra http://cialisle.com cialis online.

    comentarios del tadalafil.

    viagra for sale

    (2018/12/11 - 8:13 AM)

    walgreens cost for sildenafil viagra online tempo per effetto sildenafil

    viagra online

    (2018/12/11 - 7:13 PM)

    why do use viagra [url=http://www.viagrabs.com/]buy generic viagra[/url] herbs better than viagra.

    generic cialis

    (2018/12/13 - 10:24 AM)

    nom generique du cialis [url=http://cialislet.com]online cialis[/url] best tadalafil pill.

    buy viagra

    (2018/12/15 - 3:26 PM)

    sildenafil helpt niet meer discount viagra sildenafil
    precautions and warnings

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です